2008年04月16日

「Windows Server 2008」は「Vista」と同じバージョン

先月より公開されたWindows Server 2008の評価版を使ってみたところ、意外な点を見つけたので報告する。

それは、OSのバージョン情報である。
なんとVistaと全く同じなのである。しかも、VistaのServicePack1が公開されたばかりなので、2008の評価版(製品版と同等)にも既にServicePack1が適用済みになっているのだ。

詳しくは下図をご覧いただきたい。
msinfo32.exeを実行して表示させたものである。

1.Vista(ServicePack1適用済)
Vista SP1

2.Windows Server 2008(製品版の評価使用中)
Windows Server 2008

こうなると、プログラム上でバージョンチェックする際、プロダクト名まで調べないとVistaか2008か判定できないことになる。


posted by なっちゃん at 12:13| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista & 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。