2008年04月02日

「Windows Vista Service Pack 1」の効果

最近公開されたVistaの「Service Pack 1」だが、具体的に何が変わったかを実感することがほとんど無いなか、唯一私が効果有りと実感したのがエクスプローラの画面の自動更新処理である。これによりWindowsXPと同等になった。

具体的に言うと自作のフリーソフト「ファイルとフォルダの神隠し(U)」でVistaだけがファイルとフォルダの属性を変更させても即時に非表示とならなかった。わざわざ右クリックして「最新の情報に更新」をクリックしなければならなかったのが、SP1を導入することでその必要が無くなり即消えるようになった。
きっとこれはバグだったのであろう。

その後日(4/13)、更にSP1の効果を実感する事件(?)があった。これも自作のソフト「メルプリT」での不具合に対しての実感である。これも一気に解決した。
実はこの問題点は先の「ファイルとフォルダの神隠し」の不具合以上の致命的ともいえる障害だった。ソフトを起動して常駐後、30分から1、2時間経過すると突然画面が乱れて制御が効かなくなってしまうのである。通常ならデスクトップ下部にあるタスクバーが突然上部に移動したり、ソフトの一部しか表示しなくなったり、マウスの動きに合わせて画面が乱れ飛ぶ始末なのである。(下図参照)

1.正常な画面
正常時の画面

2.乱れた画面
乱れた画面

原因はまったく見当がつかなかった。それがServicePack1を適用した途端に直ってしまったのである。内部的なことは判らないが明らかにバグが解消され、既存アプリケーションの互換性が高まったと言って良いだろう。Vistaを実務で使うにはServicePack1は必須といえる。


posted by なっちゃん at 09:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista & 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。