2007年12月10日

データソースで取得したレコードの件数を知るには

ASP.NETでよく使うGridViewのページング機能では、何ページあるかおおよそ分かっても、全レコード数が幾つあるかは分からない。

そこで全レコード数を取得する必要があるが、そのためだけにデータベースにアクセスするのは避けたい。そこで調べたところ便利な機能があった。

GridViewではSqlDataSourceをバインドしてデータを取得するが、このデータソースのSelectイベントのなかで表示される全レコード数が取得できる。

Dim recCount as Long
Protected Sub SqlDataSource1_Selected(ByVal sender As Object, _
ByVal e As System.Web.UI.WebControls.SqlDataSourceStatusEventArgs)
recCount = e.AffectedRows
End Sub

e.AffectedRows をヘルプで調べると「データベース操作の影響を受けた行の数を取得」とある。
あとは、GridViewのDataBoundイベントのなかで取得した値を表示する処理を追加するだけである。



posted by なっちゃん at 11:56| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。