2007年07月06日

VistaでInternetExplorerのURLを取得する場合の注意

以前、既存アプリケーションのVista対応について6回にわたって注意事項や対策を紹介したが、今回はその番外編である。

前回、いろんな対策があるが一番手っ取り早いのはビルトインユーザのAdministratorでログオンさせれば、これまで同様に使うことが可能だと紹介した。しかし、Administratorであるがゆえに問題が発生する場合があることも最近わかった。この問題について私がMicrosoftへ照会し、それについてMicrosoftの公式見解として、同社の了解を得て紹介するものです。

自作ソフトのScreenCutter(シェアウェア版)にはIEの画面をキャプチャーする機能がある。

IEのキャプチャー

上記メニューをクリックすると現在IEで開いているURLを全て取得してそのなかからキャプチャーしたいURLを選択することが可能なのだが実はVistaではURLの取得に失敗してしまうのだ。

当初IE7のタブブラウザが問題なのかと思ったがXPのIE7では正常に取得できたのでVista固有の問題だと思い、いろいろ調べ、代替策も探してみたが見当たらず途方にくれていた。そこでMicrosoftに問い合わせてみたところ、VistaのしかもビルトインユーザーのAdministratorでの障害であることが判明した。正確に記すと以下のようになる。

「ビルトインの Administrator アカウントで Internet Explorer を起動している場合に、ShellWindows オブジェクトに Internet Explorer オブジェクトが正しく追加されないという問題」

よって、Adiministrator以外のユーザーであれば何でも良く、AdministratorsやUsersグループのユーザーで確認したところ正常にURLが取得できたのである。

何ともはや・・・・Administratorは万全では無かったというわけである。他に同様のAdministratorの不具合があるのかは不明だが、Microsoftでは次のように答えている。
Windows Vista では Administrator のアカウントは特殊なアカウントであり、できれば使用されないことが望ましく、Administrator アカウントでは UAC が ON であってもすべてのプロセスは整合性レベル高にて動作することから、実質的には UAC が OFF の場合との差がない・・・云々」(※一部文章表現は当方で編集)

ということで参考にしましょう。


posted by なっちゃん at 14:32| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista & 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。