2007年05月08日

Webアプリケーションの全画面表示と最大化表示

Webアプリケーションはブラウザを使うのでそのままではメニューバー・ツールバー・アドレスバーなどの余分な領域がある。
これを消したほうが画面も広く取れるし、オペレーションとは関係ない操作を未然に防ぐことができる。
これらを消すには一般的にJavascript(window.open)を使うのだが、困ったことに最初の起動時に使えない(消すことができない)。そこでワンクッション(起動用フォームを)入れる必要がある。

サンプル (ソースはこちら->WindowOpen.lzh)

1.起動メニュー
※この起動フォームは全画面と最大化をボタンで選択するが、どちらか一方を固定すればonload時に自動的にメインフォームへ飛ばすことも可能。

起動フォーム

2.全画面表示
全画面表示

3.最大化表示
最大化表示


Javascriptの使い方(全画面・最大化)

1.起動フォーム(Default.aspx)
起動フォームのJavascript

2.メインフォーム(Default2.aspx)
メインフォームのJavascript

今回の例ではブラウザを新たに起動するので問題なかったが、自分自身を最大化させる場合、IE7のタブブラウザで別のタブが開いている場合では最大化しないことが判明した。


posted by なっちゃん at 14:44| 静岡 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ASP.NET Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考にさせてもらいました。
ずっと考えていたので、ありがとう><

ちなみに、2.メインフォーム(Default2.aspx)
を参考にさせてもらいました。
Posted by ナヲ at 2008年04月02日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。