2007年01月25日

既存アプリのVista対応・改造計画:1回目「前置き」

いよいよVistaが市場に出回る。昨夜のNHK・クローズアップ現代ではエンドユーザーの立場からVistaへの乗り換え問題とXPのサポート期限問題を扱っていたが、開発者の立場からも重大な問題がある。
一言で言えば、それは、既存アプリの動作保証問題である。これまで、のほほんとほとんど注意を払ってこなかった私のようなオンラインソフトプログラマーにとって死活問題とまでは行かないまでも(^^;かなりの労力と注意を強いる問題といえる。実際、昨年末から正月休みの間、私はほとんどこれに掛かり切っていた。
そして、一応満足のできる対策と方針をまとめることができた。
これより数回に分けてその方法を紹介していきたいと思う。すでにいろんなIT関連サイトでもVistaの仕様の問題を扱っているが、ここでは具体的・実践的な対応を紹介する。別にVista対応のロゴマークを取得するのが目的ではなく、これまで通り、アプリケーションがVista上でも支障なく動いてくれるのを唯一の目的としている。またできる限りユーザーを煩わせない方法で対応させることに力を注いだ。
内容は私の公開しているオンラインソフトを実例にとって話を進める。
VisualBasic6のプログラムを扱っているがVB.NET、VB2005でも同様に起きるものであるから参考になると思う。


posted by なっちゃん at 17:51| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows Vista & 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。