2006年09月12日

TextBoxコントロールのよく使うプロパティ・メソッド比較

VB6VB.NET(VB2005)
コントロールに入力フォーカスを移すText1.SetForcusTextBox1.Forcus()
選択されたテキストの開始点を設定(取得)Text1.SelStart=0TextBox1.SelectionStart=0
選択されたテキストの文字数を設定(取得)Text1.SelLength=10TextBox1.SelectionLength=10
選択されたテキストの内容を設定(取得)Text1.SelText="hoge"TextBox1.SelectedText="hoge"
指定した位置のテキストを選択(該当なし)TextBox1.Select(0,10)
これは下の2行と同じ
TextBox1.SelectionStart=0
TextBox1.SelectionLength=10
コントロールの全てテキストを選択(該当なし)TextBox1.SelectAll()


posted by なっちゃん at 14:36| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | VB vs VB.NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。