2006年07月25日

VS2005を入れるとアイコンでバージョンが判る

VB2005をインストールしたときは気付かなかったのだが、よくみるとソリューションファイルのアイコンのデザインが変わっていて、「7」という数字がアイコンに付いていた。
これをVB.NET2003で開くと、確認ダイアログがでて「このソリューションとすべてのプロジェクトを変換しますか?」と聞いてくる。これはVB.NET2002から2003へ変換するためのものだが、変換すると「7.1」という数字にアイコンが変わる。
さらにこれをVB2005で開くと変換ウィザードが現われVB2005のプロジェクトファイルに変わる。このときには「8」の数字がソリューションアイコンに付いている。

バージョン毎のアイコンの違い

これはなかなか便利だ(^^)
もちろん、アイコンをダブルクリックすれば対応する開発環境が自動的に認識されて起動する。ついでにVisualStudioの∞アイコンもバージョン毎に変えてくれるとなお便利だと思うのだが。



posted by なっちゃん at 09:42| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | VB.NET Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。