2006年05月16日

LabelコントロールのTextAlignとAutoSizeの連携動作の違い

VB.NETで変な動きを見つけた。
LabelコントロールのTextAlignプロパティをTopRight(右上)にしてAutoSizeプロパティをTrue(真)にしたところどうしても右揃えにならないのである。
VB6では確かこんなことは無かったはずだと気になったので簡単なサンプルを作って検証してみた。

結果はサンプルの動作画面を見ると一目瞭然である。

VB6
20060516-1.gif

VB.NET
20060516-2.gif

VB.NETではTextAlignを有効にするにはAutoSizeはFalse(偽)でなければならない。


posted by なっちゃん at 13:54| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | VB vs VB.NET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。