2010年06月28日

Crystal Reports for Visual Studio 2010 Beta版は日本語環境では使えない

VS2008まではProfessional版以降ではCrystalReportsは標準でバンドルされていたが、VS2010になって別サイトからダウンロードするようになった(下図)

Crystal Reportsのダウンロード

しかし、まだベータ版ということになっている。そのためかダウンロードした「cr4vs2010.exe」をインストールしてもrptファイルが作成されず、最初と同じサイトへのリンクファイル(mht)になってしまう。(下図)

rptファイルが作成されない

フォーラム(英語)をネット翻訳で調べたところ、どうやらベータ版は英語仕様でしか動かないらしい。(確かに解凍されたセットアップのlangsフォルダにはenフォルダしか無かった)

Crystal Reports for Visual Studio 2010 Beta版は英語版なら起動する

正規版で各国語対応になるまで待てということらしい。

※ダウンロードサイトには正規版の公開は7月予定と記載されていた。

2010年7月6日現在、以下のように変更されていた。(訳はネット翻訳による)
「ベータ1は現在利用可能です。ベータ2は8月上旬、製品版は11月の予定です。」

ベータ2に日本語版が含まれていれば良いが、無ければVS2008で開発しないと納期に間に合わないかも・・・・。2010年12月ようやく正規版が公開され日本語環境で動かせるようになった。
posted by なっちゃん at 15:31| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | VB.NET Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154737092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。