2009年11月05日

アップロード可能なファイルサイズの上限変更

FileUploadコントロールを使ってWebサーバにファイルをアップロードさせるときファイルサイズの上限があることをご存知だろうか?

そんなことを何も意識せず普通に使った場合(Web.Config等に何も指定していない場合)では、上限初期値が4MBになっている。これを超えるとエラーになる。

最初はサイズが原因だとは思わなかったが、どうやらそうらしい。

設定変更はWeb.Configで行う。

system.web要素に次の項目を追加する。

<httpRuntime executionTimeout="600" maxRequestLength="40960"/>

executionTimeout:実行タイムアウト(秒)初期値110
maxRequestLength:リクエストデータ最大サイズ(KB)初期値4096(=4MB)

※location要素と組合せて必要なページのみ指定できるそうだが私は確認していない。


posted by なっちゃん at 12:45| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ASP.NET Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巨大なファイルアップロードによるクラッシュを防ぐ為にも、この項目は必須だと思います。
ファイルが転送し終わってからだと手遅れ。
Posted by zebratch at 2010年02月02日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。