2008年10月20日

異なるバージョンのASP.NETを1台のIISで同時に動かすために

客先のアプリケーションサーバー(Windows2003Server)にASP.NET2.0で作ったWebアプリケーションをインストールしたところ、既存のアプリケーションが動作不良になってしまった。
こちらはASP.NET 1.1を使ったものでこちらを有効にさせると今度は2.0の方が動かなくなってしまった。

イベントログを見たところ次のような記述があった。
同じ IIS プロセスで、異なる 2 つのバージョンの ASP.NET を実行することはできません。サーバーを再構成して、異なるプロセスでアプリケーションを実行するには、IIS 管理ツールを使用します。

マイクロソフトのサイトに対応策が載っていた。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/1kdfe21k.aspx

説明文:
このエラーは、複数のバージョンの ASP.NET が同じプロセスを実行するように構成されている場合に発生します。これは、異なるバージョンの .NET Framework とランタイムは同じプロセス内で side-by-side 実行できないためです。このため、ランタイムの特定のバージョンを使用する ASP.NET アプリケーションは、異なるバージョンを使用するアプリケーションとプロセスを共有させないでください。一般的に、このエラーは、複数のアプリケーションが ASP.NET の異なるバージョンに割り当てられているのに、同じアプリケーション プールを共有するときに発生します。

つまり、アプリケーションプールを別に用意して割り当てれば良いということだ。
これを実行したところ、両バージョンとも正常に動作するようになった。


posted by なっちゃん at 10:30| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ASP.NET Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。