2008年07月04日

問題を解決するための一つの工夫?

打ち合わせに行ってきた。
ユーザーの要望を聞き、現場を見、その都度思い出してはこうしたい、ああしたいと言うユーザーの話を聞き、とりあえずメモっておくが、何だかとんでもなく面倒な仕様に感じてくる。
聞きながら「きっと見積額が相当になるだろうなぁ」と思う。

会社に戻り、がっくり疲れて打ち合わせ内容をまとめるのも面倒になって、気晴らしをしているうちに時間がきて何もせずに仕事を終える。
次の打ち合わせまで一週間あるので、まだいいやと思って他の仕事をしているうちに数日何もそのことは考えずに過ごした。
そろそろまとめなければと思い、どうやるかを考えてみると、あれ?意外と見通しが立つ仕様になった。

最初の時に感じた面倒臭さはない。知らない間に余計な情報が消えて(忘れただけかも)主題だけが残った結果みたいだ。疑問点も具体化して次回の打ち合わせにちょうど良い。

楽して問題が解決するなんて!これって無意識の脳の働きなんだろうか?



posted by なっちゃん at 16:50| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。