2010年06月10日

SQL Server 2008 の教科書

まさに「教科書」の名に相応しい充実した内容の本である。

店頭で立ち読みしたとき、本来の目次とは別に、ヒントやコラムなどのTips集にも目次があるのに驚いたが、その量と質は類書を圧倒するもので、著者達が運用や開発の現場でどれだけ豊富な経験を積んでいるかが判る。

内容としては初心者向けだが、これまでに幾つものDBを運用開発してきた経験者(私)でも案外知らない、知っていても理論的には把握していなかった正規化のことやパフォーマンスに影響するクエリーの使い方、トランザクションとロック等、目から鱗の内容が至る所(ヒントとコラム)に散りばめられている。
また、これまで何のために使うのか判らなかったプロファイラや利用状況モニタなどのツールも具体例で使い方を知ることができる。

SQLServer2008とはあるがSQLServer2000/2005やOracleとの違いも詳しく書かれているので「SQLServer全利用者ための教科書」と言って良いだろう。帯に「マイクロソフト SQL Server 製品担当者 推薦!」とあるが、そう言わしめるだけの内容が確かにこの本にはある。

Visual Studio等の具体的なサンプルソースはあまりない、それらは別途、開発言語向けの書籍で学習したほうが良いだろう。ただ、この本の価値はそれらの言語で開発する際に注意すべきSQLServerの仕様(仕組み)を教えてくれる。これを知っているのと知らないのとではパフォーマンスやデバッグ、トラブルシューティングに間違いなく差が出るだろう。

SQL Server 2008の教科書―基礎から実践まで学べるSQL Server 2008の教科書―基礎から実践まで学べる

実践Microsoft SQL Server 2008開発入門 (マイクロソフト公式解説書) アドバンストMicrosoft SQL Server 2008構築・管理 (マイクロソフトコンサルティングサービステクニカルリファレンスシリーズ) ひと目でわかるMicrosoft SQL Server 2008 (マイクロソフト公式解説書) MCP教科書 SQL Server 2008 (試験番号:70-432) 実践Microsoft SQL Server 2008 レポーティング入門 (マイクロソフト公式解説書)

by G-Tools




posted by なっちゃん at 14:05| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ETC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。